転職をしたい看護師におすすめ 転職先の病院の探し方と決め方

転職をしたいと考えている看護師の方におすすめする転職先の探し方とどの病院を選べば良いかを紹介します。
転職は今後の自分のキャリアや給料に密に関わってきます。
失敗したくないという思いはみんな同じでしょう。できるだけたくさんのリサーチと病院見学、そこで働いてる人や病院の雰囲気を見極める事が重要になります。

 

病院の探し方

 

リサーチ

 

看護師の転職を考えるとき、よほど人口の少ない地方以外は求人が豊富にあるため、まずは焦らずじっくり探すことだと思います。入職したい半年くらい前には自分の働きたい場所(総合病院、クリニック、高齢者施設など)や地域、何科に勤めたいか、働き方など大まかにイメージして、条件に合う病院を自分でリサーチしておくとよいと思います。

 

私の場合は、子育て中だったため病院までの距離と働き方が重要な条件だったため、自宅近くの病院や施設、養護施設までHPなどを頼りに情報を集めました。このとき、HPに求人を出しているところとそうでないところがありますが、求人情報が載っていなくても募集をしているところはあるので、気にせずリサーチするとよいと思います。

 

探し方の実際

 

ある程度自分の中で情報を集めたら、実際の就職活動を始めます。その方法は、ハローワークで求人を紹介してもらう方法、看護師人材センターで仲介してもらう方法、自分個人で求人を探す方法の3つがあります。それぞれのメリットがあるので一つの方法だけに頼るのではなく、全てを使って就職活動をするとより自分の希望に近い職場を探せるのではないかと思います。

 

まず、ハローワークで求人を探すメリットですが、なんといっても自分で多数ある求人の中から目ぼしい職場を探すことができることです。今はハローワークまで出向かなくてもハローワークのインターネット検索で求人を探すこともできます。

 

続いて看護師の転職専門サイトのメリットですが、看護師と病院の橋渡しをするという部分では長けているのでアドバイスがもらえるというところです。病院側が求めている人材がどういう人なのか、また働き方の提案などをしてくれる看護師の転職専門サイトもあります。さらに、言いにくいこちらの条件も先方に伝えてもらえます。

 

私の場合も看護師の転職専門サイトに登録していましたが、小まめに電話で情報を教えてくれたり、私の考えには無かった働き方の提案をしてくれたりと視野が広がりました。ただ、自分が数ある求人の中から選べるわけではなく、あくまで1件ずつの紹介になるので、看護師の転職専門サイトのお得意先から先に紹介されるという可能性はあると思います。

 

最後に自分で探す場合のメリットですが、自分の働きたい病院に目星がついている場合、手っ取り早く求人の有無や病院見学、面接まで辿りつくことができます。私も何件かハローワークの求人にも看護師の転職専門サイトの紹介にもなかった病院に、自分で電話をして見学、面接までしてもらいました。

 

どの方法にもメリットはあるので、うまく活用して働きたい病院を探すと良いと思います。

 

病院の決め方

 

自分の行きたい病院がある程度決まったら、その中から一つ決めなければいけませんが、必ず全ての病院に見学に行くようにして下さい。見学には履歴書を持ってくるようにいわれるので、自分の希望条件を書いておくとよいでしょう。

 

雰囲気や人間関係を見る

 

見学の際に見ておくと良いのは、病院の雰囲気や看護師の笑顔、受付けやスタッフの方の挨拶などコミュニケーションがうまく取れているかどうかです。そして、見学を誘導して下さる部長や師長さんの人柄や考え方もお話しをする中で聞けると就職の決め手になります。

 

私の場合は、子育て中の看護師への考え方や配慮など、話しをする中で感じ取り決め手にしました。上司の考え方や価値観を知っておくことは長く勤めるためには重要なことです。

 

他には自分の働きたい部署の雰囲気や忙しさ、看護師間のコミュニケーションの取り方など自分がここで働けるのかをイメージしながら見ておくとよいと思います。

 

希望条件を伝え、給料や福利厚生を聞く

 

見学の際には自分の働きたい科や働き方の希望など履歴書に書くだけでなく口頭でも伝えます。また、給料体系や福利厚生、病院の概要、休日など働く上で大切なことはきちんと聞いておくようにします。大きな病院は比較的しっかりしていますが、小さな個人クリニックでは給料や福利厚生などあいまいな病院もあるので、納得いくまで質問するとよいでしょう。

 

経験が浅い場合は教育体制がどうなっているかを聞いておくと安心です。また離職率や残業の程度も聞いておくとよいでしょう。このとき、あまり淡々と聞くと印象が悪いので、「毎年、辞められる方も多いですか?」や「毎日皆さん遅くまで働かれているのですか?」など少し柔らかく聞くと教えてくれます。

 

さらに、経験を積みたいなら、自分の働きたい科に関わるOPの数や病棟の入退院の数など聞いておくと、関われる数が分かって判断材料になるでしょう。

 

まとめ

 

転職する上で大切なことは、まず自分のやりたいことや希望条件などを明確にすることです。そして、すぐ決めてしまうのではなく視野を広げて、それぞれの病院の個性や特徴を見て総合的に判断するとよいと思います。最後は自分の直感を信じて「ここで働いてみたい」そう思わせてくれる病院に決めるといいと思います。