イベントナースのお仕事って?

イベントナースのお仕事って?
看護師というと「病院で働いている」というイメージがあるように思いますが、実際にはそればかりではなく本当にいろいろな場所で働いています。

 

例えば、イベント会場やコンサート会場に看護師がいることをご存知ですか?
これらの会場を訪れた人が具合が悪くなるなどした場合を想定して、会場には医務室が設置されます。
その医務室で体調をみたり、応急処置を施したりするスタッフとして看護師がいるというわけですね。
こういった会場にはどんな人が訪れるか解らないし、何がおきるか解りません。何かがあった時にすぐに対応することができるように、看護師を配置して備えているのです。

 

この様なイベント会場やコンサート会場で働く看護師は転職サイトなどで単発で募集されることが多いので、もしこれらのお仕事をしたい!ということであれば、看護師専門の求人情報サイトなどに登録されておくことをお勧めします。
単発の仕事であれば、他の仕事をしていても主婦の仕事をしていてもチャレンジしやすいので、「あいた時間を見つけてアルバイトをしたい」と考えている人にオススメ。
たまには働きたい!
お小遣い稼ぎをしたい!
と考えている人は、コンサート会場やイベント会場で「イベントナース」として働くことを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

○イベントナースになる条件とは?
急患に対応するお仕事になることから「その場で適切な応急処置ができる能力があること」が条件になります。
具合が悪くなった人に対して適切な判断と処置ができることがイベントナースの条件。
なので、素早い判断力と行動力が備わった人でなければ勤まらないお仕事です。

 

外科や救急看護師としで勤務をしたことがあるナースだと選ばれやすいと言われており、さらに看護師として3年以上勤務したことがある人が採用されやすいとの情報もあります。
経験者が採用されやすいのは、やはり何かがあったときに正しい対応をすることができるのを見込まれているからでしょう。
急患に動じず、その人を助けるには何をするのが最善かを即座に判断して行動できることが、イベントナースになる人に求められる資質です。

 

○仕事の見つけ方は?
看護師専門の求人サイトに登録しておくと、イベントナースの様な単発の仕事がたくさん出てきます。
人気がある仕事はすぐに埋まってしまうので、いいお仕事を見つけたら早くに応募されることをお勧めします♪
イベントナースはやはり土日や祝日といった日に仕事が入りやすいので、休みを利用して働いてみては?
いろいろな働き方ができるイベントナースのお仕事をチェックしましょう!

 

【変わり種看護師バイトにはどんなものがあるの?】

 

変わり種看護師バイトといえば、イベントナースです!。イベントといっても色々な種類があります。
ツアーナースとの違いは、ツアーナースが泊りがけであるのに対して、イベントナースは基本的に日帰りのお仕事という
ところです。どんなイベントがあって、看護師が必要とされているのか紹介していきます。
・野外コンサート・ライブ
・夏フェステバル・お祭り・花火大会
・スポーツ観戦
・スキー場
・テレビCM出演者の体調管理(予定変更のときは6割支給)
・受験・試験会場
野外であったり屋内であったり、色々なイベントが全国各地で行われています。
これらのイベントでの仕事が派遣であります。
これらのバイトは派遣会社に登録していないと、なかなか見つけることができないようです。

 

【どんな仕事?】

 

これらイベント看護師の仕事内容は、屋内であっても屋外であっても多くの人の集まるところで生じるハプニング・アクシデントに
対応する仕事となります。野外で熱中症になってしまったり、多くの人の間で気分が悪くなってしまったり、転んで怪我をしたり。
1つ1つの処置は少ないものの、ちょっとしたことで多くの人が次から次にくるという場所もあります。人気のある芸能人のライブや
コンサートをバイトをしながら少し見ることが出来るかな?という気持ちがあるかもしれませんが、忙しくそのような状況ではない
ということを知ってからお勤めした方がよいです。対して、CM撮影など撮影所での待機となると、少しは時間に余裕があるかもしれませんね。また、こういった撮影などに関しては天候不良によってなど、予定が変更になった場合でも、何割かはお給料が支給されるというものもあります。また、受験生の体調管理という医務室でのお仕事も変わり種の1つでしょうか。
季節によって、講演内容によって色々ですが、次々に色々な症状などに対してアセスメントし対応して一日を過ごすことが好きな人に
は遣り甲斐のある仕事です!